Let me see in your bag!「あなたのバッグの中身を見せて!」

バッグの中身。外出の際持ち歩くアイテムはいつも大体同じという人が多いとは思いますが、シチュエーションに合わせて持ち歩く物も多少変わりますよね。

バッグも機能重視の大きめの物や、お洋服の一部としてコーディネートされた小さなタイプなど様々だと思います。

バッグの中はとてもプライベートな空間であり、唯一無二の世界。

一体世の中の人がどんな物を持ち歩いているのか気になりますよね。

私はとても興味があります。

職業、性別、年齢によって持ち歩くバッグの中には様々な小さな世界が広がっていると思いますが、そんな小さな世界を少しずつ紹介していきたいと思っています。

第一回目は、こだわりが詰まった私のバッグの中身を紹介させて頂きたいと思います。

in my Bag

以前NY出張の際に購入した大好きなBOUCHON BAKERYのトートバッグは、角底で物がたくさん入りとても使いやすいバッグです。

そして真冬の必需品であるJohnstonsのカシミヤのフィンガーレスグローブ。指なしだとiPhoneも使えるし、バッグの中の物の出し入れもスムーズで気に入っています。

これにポーチをいくつか(ピザやホットケーキ、ポップコーンなどの食べ物シリーズが多め)と必要最低限のコスメを入れたネコのポーチ(今はなきParisのCOLETTEで購入)、お守りやハンドクリームなどをまとめたHeartart(ハートアート)のファブリックで作ったポーチもお気に入りです。

柴又帝釈天の寅さんのお守りは宝もの(寅さんが肩に掛けているチェックのジャケットの柄が◎)

紙に文字を書くという作業も好きなので、2020年のダイアリーも入れてあります。

Parisにある世界最古のデパート、ボンマルシェはとても好きなデパートですが、その別館のグラン エピスリー パリ(グロサリーストア)はParis滞在中の私の冷蔵庫でもあります。そこのトートバッグを以前友人が出張の際お土産に買ってきてくれたので、トートバッグが入っていた小さな巾着にも小物をまとめて入れて持ち歩いています。

グラン エピスリー パリの小さな巾着

鳩森八幡神社の鳩みくじや、以前滞在した万平ホテル(ルームキーが木彫りでとてもかわいかった)のキーリング、NYでは必ず購入するMALIN+GOETZのモヒートのリップバーム(香りが◎)Made in USAのピックなどお気に入りの小物たちを小さな巾着にキュッとまとめておくのが好きです。

バッグという小さな世界

小さなポーチや巾着は私にとって宝もの。何を入れるか、今日はどれを持っていくかを考えるのはとても楽しい時間です。

バッグという小さな世界の中には様々なこだわりが詰まっています。

様々な人の小さなこだわりの世界を、これから少しずつこのBlogで紹介していきたいと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク